有田焼

佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器のことです。
秀吉の朝鮮出兵の際に佐賀藩主の鍋島直茂が朝鮮から連れて帰った李参平が1616年有田で良質の磁石を発見したことから、有田で窯業が発展しました。
白い素地に描かれた赤・黄・緑・青などの美しい絵柄は、有田焼の代表的なもので今も世界中で愛されています。
日本の代表的な陶磁器のひとつです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14