正しいお手入れ方法で、少しでも永く愛用される器となりますように。

 

 

【磁器】

 

 磁器のやきものは石ものといい、陶石を砕いた粉を練り上げて成形し高温で焼成したものです。陶器に比べて薄く仕上げることができるのが特徴です。

 出来上がりは表面が白く、ガラスのように硬くてなめらかです。原料の粒子が細かく、吸水性がまったくありません。 汚れやにおいがつきにくく、衛生的です。

 高い温度で焼くので、強度があります。食洗機や電子レンジではご使用いただけますが、オーブンではご使用になれませんのでご注意ください。

 

【陶器】

 

 陶器は、土を成形して焼き上げるので土ものと称します。釉薬をかけていないものは、茶色やねずみ色など材料の土色がそのまま出ます。表面はざらざらとした質感で多孔質です。

 熱くなりにくく冷めにくいという特徴があります。 吸水性が高いのでシミやにおいがつきやすいですが、器をご使用になる前に水に浸けていただくと汚れやにおいがしみこみにくくなります。

 使用後はすぐ洗い乾燥させてから収納するという普段のお手入れをきちんとすれば、長くご使用いただける器です。 浸けおき洗いは避け、もし汚れが染み付いた場合は市販の漂白剤を薄めてつけてみてください。

 土の種類や焼き方などにより、取り扱い方が異なります。食洗機や電子レンジ・オーブンをご使用の際は、ご注意ください。

 

【木】

 

 木製品の器は、長時間水につけることに弱いので、ご使用後はすぐに洗い水気をふき取ってください。

 長く使用されるとだんだんつやがなくなっていきますので、たまにオリーブオイルやごま油などを薄く塗り、自然乾燥させると色に深みが増します。 油を使った料理を木のお皿に盛ること自体が食器にとってはお手入れになります。